青森県産もち麦
「はねうまもち」


もち麦とは?


お米に「もち米」があるように、大麦でもモチモチと粘りがあるタイプのものを「もち麦」と呼んでいます。

近年、おいしくて食べやすいもち麦が増えており、注目されています。

期待のもち麦新品種
「はねうまもち」


私たちのつくる「つがるもち麦 美仁」は「はねうまもち」という品種のもち麦で、2016年に品種出願、2017年に公表されました。これは、うるち性大麦ファイバースノウから生まれたものですが、ファイバースノウに比べ、健康機能性成分である水溶性食物繊維βグルカンが1.4倍含まれています。また、総食物繊維量も100g中10.6gと豊富で、玄米やごぼうよりも多いのです。さらに不溶性・水溶性、両方の食物繊維のバランスもよく(不溶性3.9g/水溶性6.7g)、不足しがちな食物繊維を気軽に摂りたい方にはぴったりな食材です。

毎日、美味しく食べられる


特筆すべきはそのおいしさ。モチモチ食感と甘味がおいしく感じられ、麦特有の匂いもほとんどありません。毎日の食事に無理なく取り入れられるので、続けやすいもち麦なのです。


はねうまもちの特徴

特徴\品種 ダイシモチ キラリモチ はねうまもち

甘み

香りのなさ

もちもち感

ぷちぷち感

白さ